会長あいさつ

会長写真

認定看護管理者会            
会長  佐藤 美子
(国際医療福祉大学 熱海病院 看護部長)

2021年となりましたが、明るい兆しの見えないままとなっています。そして、第22回認定看護管理者会総会・研修会は、新たな様式としてリモートでの開催となりました。

2020年の当会の活動は、地区ブロックも含め、研修会及び交流会ともすべて中止となりました。100年に一度という感染症との闘いの中、認定看護管理者会のネットワークを活用することもできず、皆様方にはご迷惑をおかけしました。当理事会では、会の活動、特に地区ブロック活動の再開を検討するにあたり、会員の皆様のリモート環境の調査を行い、リモートによる活動の準備を行いました。また、活動が滞る中、当会の皆様の実践報告をどう届けるべきかを考え、会員の皆様方に特集記事の寄稿をお願いし、「新型コロナウィルス感染症対応特集−認定看護管理者としてコロナ禍をどのように乗り越えていくか−」を9月に発行いたしました。この特集は、会員による病院などの医療機関、施設や看護協会、そして教育現場からの実践報告となりました。皆様、お手元に届いたでしょうか。
 そして、この発行をもとに、今年度の研修会は、特別講演とシンポジウム「コロナ禍での看護管理」として意見交換を行いました。看護管理者の数だけ、管理の取り組みがあります。会員一同で共有することで、この状況を打開する手立てが見いだせればと思います。

新年が明け、第2回の緊急事態宣言が発出され、さらなる延長となりました。まだまだ予断を許さない状況が続き、緊張を強いられます。そんな中で、地域の人々を守り、スタッフを守り、組織を守り、そして自分自身を守り続けていかねばなりません。
 私たち認定看護管理者は、使命感だけでなく、さまざまなシステムの構築を通して、誇りある看護の仕事で仲間が輝き続けられるように力を注いで行きましょう。

2021年 2月


ページトップへ

| 設立経緯 | 役 員 | 会 則 | 研修実施要項 | メーリングリスト |

 

Copyright (C) 認定看護管理者会 All Rights Reserved.