北海道・東北ブロック

2019年度「北海道ブロック研修会T」実施報告

北海道ブロック担当  近藤ときえ

 2019年5月11日(土)に認定看護管理者会北海道ブロック主催の研修会Tが、市立札幌病院の管理棟会議室で行われ、59名の参加がありました。超高齢社会を見据えて地域包括ケアシステムの構築と充実のために看護職に求められていることを考え、さらに管理者のネットワーク作りを推進することを願い今回の研修を企画しました。

 基調講演では、日本看護協会 副会長 齋藤訓子先生をお招きし「地域包括ケアシステムの推進に向けた看護の連携」と題して話を伺い、看護管理実践報告では、①町立別海病院 看護部長 竹中仁美先生より、「高齢者および認知症支援のための看護職連携モデル事業」〜別海町における実践プロセス〜 ②老人保健施設柏ヶ丘 副施設長 伊藤リカ先生より、「医療介護連携における超強化型老人保健施設の役割発揮」と題として報告をいただきました。

 研修会の参加者からは「認定ではないが初めて参加した。もっとやらなくては…とパワーを得ました」「最新の医療・看護の情勢が聞けて、改めて地域包括ケア時代の看護の連携について考えてみたいと思った」「現場に戻って自分がどのようなスキルをつける必要があるか、今回とても多くのことを学ぶ機会になった」「地域包括ケアの推進にはやはり看護師が頑張らないといけないということを、情報交換会をとおして考えさせられた」「制度や2040年に向けて、貴重なお話が聞けた」など多くの感想をいただきました。名刺交換も積極的に行われ、会場は大いに盛り上がりネットワーク作りに繋がりました。トップマネジャーとして期待されていることや、これからやるべきことを考える時間となり、それぞれが前向きな気持ちで終了することができました。 また、認定看護管理者以外の看護管理者も26名が参加し、共に学ぶ機会となりました。中には主任の参加もあり、将来の管理者に大いに期待を寄せて終了しました。


2019年 認定看護管理者会 北海道ブロック研修会Tのご案内

Ⅰ.目的

  1. 看護管理者が病院経営や組織文化に及ぼす影響を理解し、看護管理を継続的に実践することで、看護部組織をリードする人材を育成する
  2. 地域包括ケア推進に向けた看護連携の現状を理解し、各自の課題解決に向けた一助とする。

Ⅱ.主催

認定看護管理者会 北海道ブロック

Ⅲ.日時

2019年5 月11 日(土) 13:00〜17:00 (受付 12:30〜)

Ⅳ.場所

市立札幌病院 2階 管理棟「会議室」
札幌市中央区北11条西13丁目  TEL 011‐726−2211(代) JR桑園駅より徒歩3分

Ⅴ.対象

すべての看護管理者 (認定看護管理者に限りません) 80名程度

Ⅵ.プログラム

13:00
開 会
13:05
テーマ「地域包括ケアシステムの推進に向けた看護の連携」
講 師 日本看護協会 副会長 斎藤訓子様
15:00
休 憩  (5〜6人グループになるように机の移動をお願いします)
15:15
実践報告
1)「高齢者および認知症支援のための看護職連携モデル事業」
  〜別海町における実践プロセス〜
  町立別海病院 看護部長 竹中仁美 様
2)「医療介護連携における超強化型老人保健施設の役割発揮」
  老人保健施設柏ヶ丘 副施設長 伊藤リカ 様
16:15
情報交換・交流会
17:00
閉会

Ⅶ. 参加費

会員は無料、 非会員4,000円 (当日、徴収いたします)
但し、認定看護管理者とサードレベル教育課程修了者で入会を申込みする場合は無料となります。

Ⅷ. 申し込み方法

2019年4月24日(水)までに下記E- mailにお申込みください。
受講証明書と領収書を準備いたします。受講証明書は、認定看護管理者更新時のポイントとなります。
*入会申し込みは、随時、行っております。研修会当日も申し込みを受け付けています。

Ⅸ. 名刺交換について

各研修会の情報交換・交流会時に名刺交換をします。名刺をお持ちの方はご持参ください。

*多くの参加をお待ちしております。2月以降には北海道看護協会のホームページに公開いたします。

認定看護管理者会 北海道ブロック担当 近藤ときえ
 E-mail:koubekonndo@yahoo.co.jp
 住所:〒004−0051 札幌市厚別区厚別中央1条7丁目5−2
 FAX : 011-892-2883
 【件名のお願い】「認定看護管理者会研修会T申し込み」としてください

Copyright (C) 認定看護管理者会 All Rights Reserved.