近畿ブロック

「第12回 近畿ブロック研修会」実施報告

 平成30年11月3日(土)に大阪府看護協会 ナーシングアート大阪で第12回近畿ブロック実践報告会・研修会を開催しました。今年度は、午前に認定看護管理者による実践報告会を、午後には日本看護管理学会 例会in近畿と共催した研修会という1日に亘る報告会と研修会を行いました。  今回の参加者は、午前41名、午後39名でした。午前の実践報告会では、2つの実践報告がありました。最初に、(前)兵庫県看護協会 専務 小田美紀子様より「地域包括ケアにおける訪問看護の役割と看護管理者への期待」というテーマで、訪問看護ステーションの現状を踏まえた看護管理者への期待についてお話しいただきました。また、2題目の実践報告では、医療法人社団 栄宏会 栄宏会小野病院 看護部長 井上眞由美様より、「職員ひとり一人が自分らしくいきいきと輝く職場創り」というテーマで、職員のWLBに対する3つの取り組みについてご報告いただきました。2つの実践報告の後には、会場の参加者と意見交換を行ない、地域における他職種を巻き込んだ看看連携の事例や、ICTを用いた効率的・効果的な情報共有の実際に関する活発な意見交換が行われました。実践報告や意見交換を振り返ると、少しずつではありますが、地域に根差した看護の取り組みが行われていること、看護管理実践を行う際には、柔軟な発想を持ち、地道でも一つひとつの課題に丹念に取り組んでいくことの大切さを改めて実感しました。


 一方、午後の基調講演では、洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長の伊藤絵美先生から「ケアする人も楽になるマインドフルネス」の講演を頂戴しました。一つの事例を通じたストレスの対処法やコーピングのレパートリーをご紹介いただき、演習ではレーズンを用いたマインドフルネスを実践しました。ストレスを回避するには、「囚われないこと」-客観的で落ち着いたものの考え方や姿勢が重要であること、そして、日ごろから自分なりのコーピングリストを準備しておくことも大切であるというご示唆を得ました。 実践報告会・研修会終了後の参加者からのアンケート結果では、「非常に良かった」(実践報告・研修会共に)、「活用できる実践報告でした。今後の参考にします」・「元気やパワーをもらいました」(実践報告会)、「ストレスの理解がすすんだ」(研修会)などなど、好評の声をたくさんいただきました。 今回は、1日研修と長い時間の開催でしたが、有意義な研修会となり、多くの示唆と元気やパワーというお土産もいただきました。


 1日の実践報告会・研修会の後には、小田先生を囲んで大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山の役員とライトアップされた大阪城と美しい大阪の街並みをバックに楽しいひと時を過ごしました。ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。

近畿ブロック 担当役員一同


認定看護管理者会30年度『近畿ブロック実践報告会・研修会』のご案内

 爽秋の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より認定看護管理者会近畿ブロックの運営にご協力をいただきまして誠にありがとうございます。

 昨年の研修会では(前)日本看護協会の坂本すが会長から認定看護管理者への熱いメッセージを頂き、参加された方々は日々の看護管理実践に活かされていることと思います。今年度は認定看護管理者会の重点課題でもある地域包括ケアに焦点を当て研修を日本看護管理学会と協力し計画いたしました。参加申し込みが二重になりご不便おかけいたします。

 ご多用中とは存知ますが、ぜひご出席を下さいますようご案内申し上げますとともに、併せて関係者の方々へのご連絡につきましてもよろしくお願い申し上げます。

  1. 日時    平成30年11月3日(土・祝日)10:00〜16:00
  2. プログラム
    09:40〜09:55受付
    09:55〜10:00オリエンテーション
    10:00〜11:50実践報告会・交流会
    13:00〜16:00日本看護管理学会近畿ブロック例会と合同研修(別途申込み要)
  3. メインテーマ
    〜地域医療構想の実現に向けて〜 看護職が地域でいきいき働くために
    午前の部
      講師

    ① 医療法人社団 栄宏会 栄宏会小野病院
    看護部長 井上眞由美 様
    テーマ「地域の中で中小規模病院の看護師がいきいき働くための支援」
    ② 兵庫県看護協会
    (前)専務 小田 美紀子様
    テーマ「地域包括ケアにおける訪問看護の役割と看護管理者への期待」
    午後の部
      講師

    洗足ストレスコーピング・サポートオフィス 所長 伊藤絵美様
    テーマ「ケアする人も楽になるマインドフルネス」
  4. 場所
    公益社団法人大阪府看護協会  ナーシングアート大阪

    午前の部  実践報告会   4F研修室 
    午後の部  研修会     3Fレモンホール
  5. 参加費
    会員 : 無料    非会員 : 1,000円
  6. 午前のみ参加と1日参加の方は認定看護管理者会で受講証明書を発行します。
    午後のみ参加の方は日本看護管理学会で受講証明書が発行されます。
     ※認定看護管理者の方は申請ポイントになります。
  7. 申し込み方法
    E-mail: yao4882@city.yao.osaka.jp
    FAX : 072-922-9925 TEL 072-922-0881
    連絡先: 〒581-0069 大阪府八尾市龍華町1-3-1
         八尾市立病院 看護部 千種 保子
    申し込み用紙

  8. 2018年8月吉日

    近畿地区(京都府)看護管理者の皆様

    近畿地区ブロック(京都)担当  元生・吉田



    研修会・交流会のお知らせ

     残暑の候、皆様にはご活躍のことと存じます。日ごろより認定看護管理者会近畿地区ブロックの運営にご協力をいただきましてありがとうございます。
    さて、研修会を下記の内容で計画を致しました。
    つきましては、ご多用中とは存じますが、ぜひご出席をいただきますようご案内申しあげます。


    日 時

    2018年9月16日(日) 13:00〜16:00(受付開始 12:45〜)

    内 容

    T. 実践報告  〜 人材育成  〜
    U. 交流会

    認定看護管理者会 近畿ブロック(京都)研修会・交流会スケジュール

    講 師

    社会医療法人西陣健康会 堀川病院    副看護部長 高野 佳子 先生
    社会医療法人岡本病院京都岡本記念病院  副看護部長 下岡 美由紀 先生
    京都府立医科大学看護実践キャリア開発センター センター長 小城 智圭子 先生

    場 所

    〒600−8164
    京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町199番地  (東本願寺北側)
    しんらん交流館  1F  会議室 A・B・C 075-371-9208

    対 象

    近畿ブロック(京都)の認定看護管理者、各施設の看護管理者 ( 30人 )

    参加費

    会員 : 無料 、 非会員:500円
    ( 認定看護管理者会 受講証明証を発行致します )

    お申し込み

    〒603−8053
    京都市北区上賀茂岩ヶ垣内町99番地
    医療法人財団 康生会 北山武田病院  吉田乃里子
    TEL 070−5507−7122  FAX 075−721−1623
    メールアドレス n-yoshida@takedahp.or.jp (締め切り9月10日)

    FAX申し込み用紙


    「第11回近畿ブロック研修会」実施報告

     平成29年11月11日(土)午後に大阪看護協会桃谷研修センターで第11回近畿ブロック研修会を開催しました。


     研修会の参加者は57名の参加で盛会のうち終了しました。最初に、佐藤美子会長より、近畿ブロックへのメッセージと認定看護管理者会の取り組みについてお話があり、その後、大和高田市立病院看護局長の飯尾美和様より「地域包括ケアシステムへの参画〜地域の急性期医療を担う立場で在宅療養支援を強化〜」についての実践報告と参加者との意見交換を行いました。地域包括ケアへの取り組みを、急性期病院の看護管理者としていかに信念を持って取り組んでいったか、さらにその重要性や実践の実際を具体的に聞くことができよい示唆を得られました。講演会では「看護管理者が担うべき地域での今後の役割〜地域包括ケア中核センターの立ち上げからの提言〜」のテーマで藤田保健衛生大学 地域包括ケア中核センターの都築晃先生より、地域のニーズを知るために地道で莫大な調査を実施され、厚生労働省と文部科学省そして、地域の医師会などとの交渉術についても知る機会となりました。結果的には、地域住民や学生を巻き込んでの取り組みが良い成果に繋がっていると思いました。今後に向けて認定看護管理者として地域への働きかけや仕組みづくりの重要性などの学びや、良い刺激が頂けた研修でした。


     終了後は近畿ブロックの奈良、大阪、和歌山、兵庫などの担当者と実践報告者、講演を頂いた都築先生、佐藤会長を交えて懇親会を開催しました。参加の皆様の素顔を垣間見れた楽しい時間でした。また、次年度に向けての研修会や実践報告の方向性も、少しお話でき有意義な時間となりました。


    近畿地区ブロック役員 千種・原田



    認定看護管理者会「第11回近畿ブロック研修会」のご案内

    新涼の候、皆様におかれましては、ますますご健勝ことお喜び申し上げます。
    日頃は近畿ブロック地区活動にご協力いただきありがとうございます。
    さて、今回今年度の事業計画に関連した大学発信型の地域包括ケアモデルの構築(大学と病院、地域の連携)に取り組まれた藤田保健大学の都築先生の講演を計画致しました。
    管理者の皆様には日々ご多用のことと思いますが、ご参加頂きますようご案内申し上げます。近畿ブロック以外の方の参加もお待ちいたしております。

    1.日時

    平成29年11月11日(土)12:50 〜16:50

    2.場所

    〒543-0042 大阪市天王寺区烏ヶ辻1-2-224
    大阪府看護協会 桃谷センター 2階 第2研修室

    3.テーマ

    看護管理者が担うべき地域での今後の役割
     〜地域包括ケア中核センターの立ち上げからの提言〜

      講師

    藤田保健衛生大学 地域包括ケア中核センター
                  都築 晃 先生

    4.プログラム

    12:30 〜
    受 付
    12:50 〜 14:15
    実践報告
    「地域包括ケアシステムへの参画
     〜地域の急性期医療を担う立場で在宅療養支援を強化〜 」
      大和高田市立病院 看護局長 飯尾美和
    意見交換会・交流会
    14:30 〜 16:30
    講演
    16:50
    終了   アンケート回収

    5.参加費

    会員:無料   非会員:1,000円

    6.申込方法

    メールまたはFAXで下記までお申し込みください

    e-mail
    yao4882@city.yao.osaka.jp
    FAX
    072−922−9925
    TEL
    072−922−0881
    連絡先
    〒581-0069 大阪府八尾市龍華町1−3−1
    八尾市立病院 看護部 千種保子

    FAX申し込み用紙

    申し込み締切

    平成29年10月13日(金)


開催案内

Copyright (C) 認定看護管理者会 All Rights Reserved.