九州・沖縄ブロック

認定看護管理者会 九州・沖縄地区ブロック2019年第1回研修会報告

 2019年の研修テーマは、病院での身体拘束に関連する内容です。看護管理者として、身体拘束には倫理的ジレンマを感じているものの、スタッフから「患者の生命の安全が第一、何かあったら誰が責任を取るのですか?」と言われると躊躇してしまいます。

 今回は、急性期病院でありながら身体拘束を0にされた金沢大学附属病院での取り組みについて、前副院長・看護部長の小藤幹恵様に「高度急性期医療の場での抑制しない看護へのチャレンジ」というテーマでご講演頂きました。

 参加者は122名で皆様の関心の高さがうかがえました。金沢大学附属病院では、看護師に「抑制は誰のため?何のため?」と問いかけ、看護が内包する思いやりの心に深く根ざした看護の実践を目指して取り組まれていました。倫理カンファレンスの導入から、臨床事例検討会、臨床倫理チーム設置等へと組織を発展させ、倫理を語る機会を増やし、看護部門目標に掲げて取り組まれました。看護部や各病棟での具体的な取り組み、看護師や多職種の反応、患者家族の声について語られました。事前に著書を拝読していましたが、実際に話を伺うことで、看護師たちが徐々に看護本来の関りに変化していく有様や喜びが思い描かれて、深く感銘を受けました。

 急性期病院で身体拘束をなくすことは難しいのではないかと考えていましたが、不可能ではないこと、それよりも看護の価値(看護の本質)に目覚めることができ、看護の喜びに繋がることがわかりました。この講演を切っ掛けに参加された施設でも取り組んで頂きたいと思います。

 実践報告会では、「看護師長が役割発揮できるための組織づくりと人材育成」について鹿児島県の川内市医師会立市民病院看護部長久々湊智予氏、「選ばれる通所リハ事業所を目指して〜事業存続をかけて〜」のテーマで沖縄県社会医療法人敬愛会在宅部門統括部長兼城綾子氏にご発表頂きました。

 前者は関東から地方の病院に看護部長として就任され、看護管理者との面談を通して課題を明確にし、組織の再編成、管理者教育を実践された結果、看護師長たちはどのようにあるべきかを考え内省することへの変化が見られたという発表でした。後者は減益持続で健全経営ができていない事業所の存続をかけた経営立て直しの発表でした。組織分析し、戦略を立て、期待される効果・評価視点(数値目標)を設定し、段階的に実践した結果、すべての項目において目標値よりも高値で、赤字から黒字に変化した発表でした。会場からも多くの質問があり、2題とも非常に興味深い内容でした。

 交流会は職位別に各県混在した6人グループで、管理実践の発表や困っていることへのアドバイスを個々に行って頂き、盛り上がったと好評でした。

 第2回研修会は10月26日にユマニチュードに基づいたケアの実際について、聖マリア病院の杉本智波様にご講演頂きます。看護管理2月号に実践報告をされています。身体拘束をしないケアと深く関係しています。ご参加をお待ちしています。

九州・沖縄地区ブロック役員  
福島和代


平成31年1月9日

認定看護管理者様

九州・沖縄地区ブロック役員
福島和代・松田智子

平成31年第1回認定看護管理者会研修会のご案内

 皆様方には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 平成31年の研修は病院での身体拘束に関連したテーマで行います。皆様は身体拘束で倫理的ジレンマを感じていませんか?スタッフから患者の生命の安全が第一だと言われて減らすことに困難を感じていませんか?金沢大学附属病院では急性期病院でありながら0にされました。不可能ではないということです。今回は、前副院長・看護部長の小藤幹恵様に病院での取り組みについてお話頂きます。講演を切っ掛けに他のメンバーと一緒に考えてみませんか?皆様のご参加をお待ちしています。

目的
看護管理者が病院経営や組織文化に及ぼす影響を理解し、看護管理を継続的に実践することで、看護部組織をリードする人材を育成する
日時
平成31年2月23日(土)9:50〜16:00
場所
福岡大学筑紫病院 3階 ガーデンホール(福岡県筑紫野市俗明院1丁目1番1号)
博多駅からJRで約30分、天神から西鉄急行で約25分、九州自動車道「筑紫野IC」より車で5分
地図参照 / 交通アクセス / フロアマップ
プログラム
09:20受付 3階 ガーデンホール前
09:50〜10:00 オリエンテーション、主催者挨拶
10:00〜11:00 認定看護管理者実践報告2題とディスカッション
鹿児島県 公益社団法人 川内市医師会立市民病院 看護部長 久々湊 智予(ククミナト トモヨ)様
沖縄県 社会医療法人敬愛会 在宅部門統括看護部長 兼城 綾子(カネシロ アヤコ) 様
11:00〜12:00 交流会 職位別のグループ間交流
12:00〜13:00 昼食
13:00〜16:00 講演
 テ−マ:急性期病院で身体拘束0!金沢大学附属病院での取り組み
講師
 前 副院長 看護部長 小藤 幹恵 様
16:00 終了
参加費
認定看護管理者会 会員 無料
認定看護管理者会 非会員 5000円(入会はHPでできます)
サードレベル研修受講者 1000円
*認定看護管理者だけでなく、所属病院の看護管理者・スタッフの方も参加可能ですのでお声かけ下さい。
 講演会だけの参加も可能です。申し込み時にそのことをご記載ください。但し、非会員の会費は5000円です。
 認定看護管理者の方には終了時に受講証明書をお渡しますので更新時にお使い下さい。
申し込み方法
別紙FAXでお申込みください。受講参加の可否の連絡はありません。
申し込み後欠席される場合は下記の福島までご連絡ください。
申込書 
申し込み締切
平成31年2月8日(金)
昼食について
院内にコンビニ、レストランもありますが、できるだけご持参ください。
問い合わせ先
福島(櫨本)和代
〒865-0062 熊本県玉名市富尾888番地
九州看護福祉大学看護福祉学部看護学科
TEL / FAX : 0968-75-1886(研究室直通) E-mail : hazemoto@kyushu-ns.ac.jp
お願い
認定看護管理者会への入会をお勧めします。年会費は1万円ですが年2回の研修は無料になります。ご案内は日本看護協会ホームページの認定看護管理者都道府県別登録者検索の施設名を毎回確認して送付しています。職場を変わられた方は変更をお願いします。
退職後も参加ご希望の方は福島にメールかFAXでご連絡ください。

開催案内

Copyright (C) 認定看護管理者会 All Rights Reserved.