■タイ・バンコクでリフレッシュ

監事眞砂 由利

今年、1月16日〜19日バンコクに行きました。タイは、5回目で今回初めてアユタヤにいきました。 アユタヤは、バンコクから北へ約75km、タイの中央部にあって、四方を川で囲まれた街で遺跡や寺院が点在しています。1350年にウートン王がこの地に王朝を築き、417年の長きにわたって栄えたアユタヤ王朝の古都として世界遺産に登録されています。今、日本は寒い冬ですがバンコクに着いた時の気温は、33度でした。とても暑く汗をぬぐいながら遺跡・寺院・宮殿(王族の別荘)など観光しました。食事はタイ料理のプー・パッポン・カリー(カニのカレー炒め)やパッタイ(タイ焼きそば)、マンゴーフルーツなど安くて美味しいお店がたくさんありました。日ごろの疲れをほぐしてくれたタイ式マッサージは、3時間で日本円でなんと5千円でした。タイは、物価が安く、観光・食事・ショッピングと楽しむことができました。今回の旅は、異国の国、タイでその国の文化に触れながら王朝時代の人々に思いをよせ、非日常の生活から離れ心が穏やかになれる時間をでした。

2020年2月6日


 

Copyright (C) 認定看護管理者会 All Rights Reserved.